読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

二十四日目にチェインを繋ぐ

どうもこんにちは~「強化防弾ガラスの繊細なハートを持つ男」slovenlyboyです(^^)

 

基本的に驚異的な硬度を発揮しますが、

「裏切り」にはとことん弱いです(^^;)

 

今回はゲーム紹介

f:id:slovenlyboy:20170303032938p:plain

今回は「OZ-オズ-」という

2005年にコナミから発売されたPS2専用アクションゲームです。

 

「神々」によって滅びようとする世界で、妹のドロシーと猫のトトと平穏に暮らしていた少年・フィールの前に神々の命を受けた「御使い」が現れ、「神々」に妹を攫われてしまう。

フィールとの戦いで「御使い」の呪縛が解けたカテナ」と呼ばれる種族の2人と共に妹を救う為の旅に出るというストーリーです。

 

このゲームはタイトル通り「オズの魔法使い」をモチーフにしていて、主要キャラクターも「オズの魔法使い」の登場人物をモチーフにしています。

f:id:slovenlyboy:20170303044045p:plain

手前から「レオン」、「フィール」、「アルミラ」

モチーフは「ライオン」、「木こり」、「かかし」となっています。

 

このゲームの目玉は「三位一体システム」です。

自分の操作するキャラとAIが操作する2人のキャラで協力して戦うこのシステム最大の特徴として「敵をパスしてチェインを繋ぐ」というものがあります。

f:id:slovenlyboy:20170303040423p:plain

気絶した敵を吹き飛ばすことで「パス」が始まり、浮いた敵に対してAIキャラが追撃を行い「パス」を繋げます。

f:id:slovenlyboy:20170303040522p:plain

パスをつなぐことで画面右側の「テンションゲージ」が溜まり、その量に応じて「テンションレベル」が上がり、「テンションゲージ」の最大値も増加します。

f:id:slovenlyboy:20170303040928p:plain

「テンションゲージ」が一定以上溜まっている時に「必殺技」を放つことが出来、「テンションレベル」に応じた必殺技が出ます。

 

「パス」をつないで「必殺技」を出して戦うのがこのゲームの基本スタイルで、

「コツコツ溜めて一気に放つ」爽快感が癖になります(^^)

 

その他にも「ボス戦で変身」、「協力して巨大な敵を倒す」など「戦隊ヒーロー」っぽさを演出しているのも特徴です(^^)

f:id:slovenlyboy:20170303045851p:plain

ステージクリア後の評価によってランク付けがされます。

このランクによってクリア得点や、エンディングが変化しますので私は前ステージS評価(最高)取るまでやり込んでしまいました(^^;)

 

 

本作はネタ要素ややり込み要素も多く、

何度もプレイしたくなるような作りになっています。

f:id:slovenlyboy:20170303043149p:plain

隠しステージでは「戦隊ヒーロー」をパロった内容のものもあり、このステージではキャラクターの衣装も変化するなど制作陣のこだわりを感じます(^^)

f:id:slovenlyboy:20170303045614p:plain

f:id:slovenlyboy:20170303045553p:plain

コスチューム変更や、本編では敵として登場したキャラとパーティーを組んだりと飽きさせない工夫がとても素晴らしい作品ですね(^^)

ストーリー良し、キャラ良し、アクション良し、細かなこだわり良しの本作ですが...

知名度が低く売り上げはイマイチだったようです(--;)

PS2のゲームなのでやり難いのが難点...(--;)

 

ですが、

個人的にはとても好きな作品ですので、機会があれば是非触ってみてください(^^)

 

以上