42 ココロの距離 序

どうもこんにちは〜「目からウロコを落とした男」slovenlyboyです(^^)

 

コンタクトは落とすと大変ですね(´・・`)

やはりメガネ様が至高なのかも(^^;

 

今日は久しぶりのオープンキャンパスがあり、新人のスタッフと共に仕事をしました!!

 

意外と来客数が多く、新人のスタッフも大変そうにしている中で私が気になった点はスタッフと学生の「距離感」です。

 

あくまで相手は「お客様」なのですが、まだ「子供」でもあるため、適切な距離で接することが重要になっていきます。

 

あまり事務的に接すれば退屈させてしまい、無遠慮に接すると怖がられてしまいます。

 

そうならないためにも「ココロの距離」を意識して、相手にあった接し方をする必要があります。

 

言葉を交わした際の反応を見極めて、相手の好きなことや苦手なことを把握することで、相手との「ココロの距離」を縮めることが出来れば、円滑なコミュニケーションにも繋がります。

 

これは全ての人に当てはまることなので、普段から意識することが大切です(^^)

 

これからも関わる相手との「ココロの距離感」を大事にしようと思います。

 

以上