読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

57 新たなる始まり

どうもこんにちは「運命(笑)に愛された男」slovenlyboyです(--;)

 

自身の介入の余地のない出来事を「運命(笑)」というならば、

100%の確率で望まざる方向に向かう「運命力」をもっている自負があります(--;)

 

さながらギャグマンガの登場人物の如く「客観的に見て面白い展開」に巻き込まれ、

「1難去ってまた1難」を我で行くスタイルの私は...ある意味神に愛されているのかもしれません(--;)

 

今日は新しいクラスの発表及び集中授業開始ということで、

少し早めに投稿してワクワクしながらクラス表を確認したところ...

 

悪意を感じるレベルで作為的な内容となっていました...

今年も気苦労が絶えない予感がするとだけ言っておきます。

 

新クラスでの恒例行事、

自己紹介では「口下手でコミュニケーションが苦手」と大人しいアピールしておいたので、

トラブルに巻き込まれない平和な1年になるハズです(^^)

 

休み期間の成果物の発表があったので、友人との合作「C言語資料」と「はさむをテーマにしたゲーム」を紹介しました(^^)

 

「Rとスクラップ工場(仮)」

f:id:slovenlyboy:20170405212400p:plain

ロボットを操作し、スイッチがオンの時のみ開くゴールを目指すゲームです。

f:id:slovenlyboy:20170405214420p:plain

スイッチをオンにするとギミックも稼働します。

手前と奥のプレス機には作動時間に差があり、奥のプレス機は速度的に通り抜けるのは不可能となっています。

 

f:id:slovenlyboy:20170405214810p:plain

プレス機に挟まれないように、

プレス機の間にブロックを挟んで通り道を確保する。

f:id:slovenlyboy:20170405214653p:plain

確保した隙間を通り抜けて...

f:id:slovenlyboy:20170405214723p:plain

無事到達しました。

 

こんな感じで「はさむ」をテーマにしたゲーム制作の成果物発表を無事に?終える事が出来ました。

 

制作期間がアレだったので、クオリティが低いですね(--;)

アニメーション、SEを追加すればもう少しマシになるはずですが...

 

この企画はボツになる可能性が高いですね(^^)

 

個人制作では「違和感」や「間違い」に気づきにくいので、

誰か捕まえてチームで動こうかと考えています。

 

というわけで授業も終わり、ジュースでも買って落ち着こうと思った矢先...

slovenlyboyは「話を聞いてくれませんか?」という謎の男の子に捕まり、地下で1時間カウンセリングの仕事(無償)をすることになりましたとさ...

 

めでたしめでたし...めでたくない(--;)

 

以上