60 再始動

どうもこんにちは~「帰ってきた男」slovenlyboyです(^^)

 

学内ゲームジャムでのゴタゴタで休載して以降、割と忙しかった事もあり復帰までに時間かかりましたが今日からこのブログも再始動です!!

 

再始動といえば、ゲーム大賞アマチュア部門に向けたゲーム制作ですが...

新規チームでの制作が開始されました!!

 

実力、コミュニケーション能力共に高いメンバーとの制作になるのでモチベーションも上がりっぱなしです(^^)

 

現在企画段階で着々進行してるのですが、人の企画を見るのは勉強になる部分も多いですね(^^)

 

今回のテーマは「はさむ」という概念的なテーマですが、この「概念の捉え方」に人それぞれの個性の違いが見えます。

 

私の場合、2つの物で1つの物を「はさむ」という物理的なイメージが強いのですが、

他の企画の場合は「温度や音波」などの目には見えない物での「はさむ」をイメージしたものも多く、参考になるなと思いました(^^)

 

自分とは違った「意見や発想」は1人では得れないので機会を逃さずにチェックしていきたいですね!!

 

来月は「名工大ハッカソン」「スパジャム」などの学外イベントに参加して見分を広める予定です!!

 

以上...と言いたいところですが、もう少し続けます。

 

学内ゲームジャムではチームで「優秀賞」を獲得できたので、その時の話と反省について書きます。

 

本ゲームジャムはクラス中でランダムに決められたメンバーで4日間でゲームを作るというもので、かなり無謀なイベントだったという印象が強いです...

 

学外のゲームジャムもランダムメンバーでかつ期間も短いのですが、今回のジャムとは大きく異なる点があります。

 

それは「モチベーション」です!!

イベントに参加するような人はそもそも高いモチベーションを持っています。

故に期間が短く、知らない人との合同チームでも自ら行動し、結果を残そうと努力します。

 

それに引き換え学内ゲームジャムの場合、「なんか始まったからやるか」程度のやる気しかない人も数多く居たため、一部の「ヤル気満々マン」たちが、悲鳴を上げながらゲームを作っている印象が強かったです(^^;)

 

我がチームは仕事を振ればやってくれたので助かりましたが、他のチームでは「企画、制作、発表」まで全て1人で行ったトコロもある程で、ジャムって何だろう?と思う点も「多々」ありました...

 

自分の反省点としては、各メンバーの能力把握を怠った為に、最適な仕事配分が出来なかったのが悔しいトコロですね(--;)

 

自分の物差しでは他人を図ることは出来ないと再認識させられました!!

 

そんなこんなで完成した作品紹介と作成中に発生した事件については次回で書こうと思います!!

 

では今度こそ...

 

以上