読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1 認識の差

どうもこんにちは~「肉食の男」slovenlyboyです(^^)

公開は終了したこのブログをチェックしてくれる人が結構いるのはうれしい限りです。

 今後はA(after)として更新していきますのでよろしくお願いします!!

 

今日は少し遅めな学内ゲームジャムの打ち上げがクラスで行われました!!

 

「焼き肉食べ放題」って言葉だけで幸せになれますよね?

 

最近、ダイエットの一環で夕食”キャベツオンリー”の生活を送っていた私としては、

夕食時にキャベツ以外のモノを食べるいい口実機会だったので幸せな気分になりながら肉を貪り、デザートのバームクーヘンに舌鼓打ちました!!

 

...ダイエット失敗のお知らせです(--;)

 

 

それはそれとして、

今日は外部講師の方の授業で「企業と学生の認識の差」について学びました!!

 

「企業が求めるコミュニケーション力」とはどんなものなのかを軽いレクリエーション込みで実感できる授業を受けれたのはかなり貴重な体験だと思います。

 

私も一度は社会に出ていますが、今目指すゲーム業界などの「クリエイティブな業界」ではなかったので、業界ごとの方針の違いがあることを認識しました。

 

企業との「認識の差」もさることながら、

個人間の「認識の差」は普段生活するうえで感じることが多々あります。

 

同じ人間ではない以上仕方ないことですね(^^;)

 

この「認識の差」を埋めるために、

言葉や身振りなどでコミュニケーションを取る必要があり、

その技術を磨けるベストな環境として学校があると私は考えます。

 

クラスという集団での行動が強制されていて、

1人1人が好き勝手に行動が出来るこの環境下では、

社会と違って「自分の考え」を自由にぶつけることが出来ます。

 

対等な立場だからできる「意見のぶつけ合い」で、

「認識の差」を理解し、自分以外の「認識」を意識することが出来れば、

円滑なコミュニティを築く基礎が学べるはずです。

 

 2度目の学生時代の今こそ「認識の差」を意識し、

自分のコミュニティ能力を向上しようと心に刻んだslovenlyboyでした(^^)

 

 以上

 

 

余談

「認識の差」は人間の関係を悪化させる引き金にもなりかねないと、

ヒシヒシと感じる場面も最近は多いですね...

 

就職を目標に活動する同じ専門学生でも、

就職に対する「認識の差」により、

授業態度や活動への積極性に大きな差があるので、

自分とは異なる「認識」を持った相手に対して

不快な気分になるケースもあります。

 

結局はお互い様なのですが、コミュニケーションは難しいですね(^^;)

 

 まだまだ大人になり切れてないな~と実感します...